耐用年数について

外壁塗装を10年おきにしたほうが住宅の寿命が延びるため10年おきにする必要があると言われています。 ただ、塗装の中には効果が20年持つというフッ素樹脂系のものや光触媒などがありますが、20年という期間は果たして妥当なのでしょうか。 木造住宅の寿命は30年以上は持ち、一説によれば100年は持つと言われています。この場合単純に計算して20年持つ外壁塗装を5回繰り返すと100年は持つことになります。ただ、現実的には現代住宅を100年も持たせるメリットはあまりありません。日本の住宅にアンティークとしての価値があれば別ですが、昔のように長年持たせるようなデザインにはしていないのです。 多くの住宅はその寿命が来る前に30年弱で建てなおしてしまうのです。

そうだとすれば新築から20年は持つと言われている外壁塗装をする意味が薄れてきます。 とは言え、空き家が出回っている中で中古住宅を購入してリフォームやリノベーションを行う人が増えています。築30年の住宅をリノベーションしてそれからさらに30年使うという選択もこれから先は増えてくるのではないでしょうか。 そうなると、リノベーションから10年目に20年持つ外壁塗装をする意味もあるということです。 新築から15年目で10年持つ外壁塗装(70万円ぐらい)をして25年で建て替える場合と、中古住宅を購入してリフォームやリノベーションをして10年後に20年持つ外壁塗装(100万円ぐらい)を1回行う場合とでは、後者の方が500万円から1000万円は安くなるのです。